スクロールフレームを作ってみた...2 - 道具

今日のヒトハリ

ARTICLE PAGE

19 2014

スクロールフレームを作ってみた...2

前回は材料をご紹介しましたが、
今回は組立て前の準備を。


-------必要な道具-------

●電動ドリル
●ハンマー
●紙やすり


①木材に穴を開ける

  横棒の板に、丸棒を止める位置に穴を開けます。
  私の場合は、両端から2㎝と5㎝の位置に電動ドリルで穴を開けました。


IMG_1408.jpg


  穴の大きさは、蝶ネジの太さ(6㎜)と同じサイズにしました。
  もう一つ大きなサイズにすればネジの入れ替えはもっとスムーズにできるかなと
  思いますが、私は大丈夫でした。
  同じサイズでまず開けてみて、入りにくければもう1サイズUPして開け直して見て下さい。
  小さい→大きいは出来ますが、大きい→小さいはやり直せませんから~


②丸棒に穴を開ける

  丸棒の両端に鬼目ナットを入れる穴を開けます。
  スクロールフレームを作る時の一番の難所かなぁと思います。
  これが出来れば後は難しくありません。

  穴のサイズは、使う鬼目ナットの説明に書かれています。

  私はM6のサイズだったので、説明では8.6㎜~9mmとなっていました。

  最初、1本目は8㎜で開けてみたら鬼目ナットを入れるときに、
  木にヒビが入ってしまいました。

  2本目は9mmで開けるときれいに入りました。

  これも穴が大きすぎるとナットがしっかりと止まらないようなので、
  様子を見ながら穴の大きさは調節したほうがいいようです。


  そして、鬼目ナットをハンマーでたたいてゆっくりと入れます。

IMG_1409.jpg

  左が8㎜の穴で少しヒビが入っているのが見えますか?

  右が9mm
  きれいには入りましたが、使っているうちに緩んでこないか心配ですが、
  今のところは問題なく使えています。


  私はハンマーでたたいて入れましたが、
  こんな方法もあるんですね。
  参考にどうぞ
    ↓
  鬼目ナットの入れ方


  


③紙やすりで木の表面をなめらかにする


これで後は組立です。


ここでもう一つ、私は丸棒にマジックテープを付けました。
幅1㎝で丸棒の長さいっぱいに付けています。

最初は両面テープで張り付けたのですが、粘着力が弱く付かなかったので
タッカーで付けました。

この方がしっかりと付きます。
IMG_1414.jpg


さて、次は組み立てて布を張っていきます。

続く・・・




いつもありがとうございます。
毎日更新はできませんが、毎日ボタンを押してくださる方に感謝です。

気に入っていただけたら、1クリックお願いします♪→にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ



  

  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment